翡翠について

翡翠は、深緑色をした半透明な宝石で、古くから東洋や中南米で人々に親しまれてきた宝石です。

鉱物学的みると、化学組成の違いから硬玉と軟玉に分類され、全く別の鉱物として扱われます。

一見区別がつかないことから、両者をまとめて翡翠と呼んでいます。

翡翠は神秘的な力があると信じられ、不老不死、生命の再生をもたらす力があるとされてきました。

古代は、死者の遺体全体を翡翠で覆う等の措置が行われ、秦の始皇帝の遺体も翡翠で覆われたと言われています。

中国では、他の宝石よりも高い価値が認められ、古代より腕輪など装飾品や器、細かな彫刻をほどこした置物などに加工されてきました。

またニュージーランドやメソアメリカにおいてはまじないの道具として活躍しました。

翡翠は壊れにくい特徴を持ち、先史時代には石器武器の材料としても使われました。

日本においては、古代に糸魚川で採れた硬玉翡翠が勾玉などの装飾品として珍獣されていましたが、奈良時代以降は見られず、再度発見されたのは1938年になります。

エメラルドと共に5月の誕生石としても親しまれており、長寿をもたらすお守りとして愛されています。

また、翡翠はは乳鉢の材料としても広く流通しています。

中国と翡翠の関係

翡翠は中国で特に珍重されている宝石で、美しい宝石の総称ともなっています。

古代より実用品や装飾品に加工されてきました。

草創期の玉器には石英や滑石も含まれますが、故宮博物院におさめられているほとんどは軟玉となっています。

古代の中国では、白色が好まれ多くの作品が作られました。

軟玉は主に現在の中国新疆ウイグル自治区ホータンで産出され、他の軟玉より硬くシギョク、またはコーラン玉と呼ばれていたそうです。

真の時代以降は、ビルマから紅玉が輸入されるようになり、緑色が鮮明なものがⅡにとなりました。

高い品質を誇るものは、ロウカンと呼ばれ大切に取り扱われたのでした。

台北故宮博物院に残る広く知られた翠玉白菜の彫刻は、硬玉から作られています。

ロウカンは、中国語で青々と茂った美しい竹という意味を持ちます。

英語ではインペリアルジェイドとわれ、西太后が熱狂的な翡翠のコレクターであったことからこの名がつけられたと言います。

こう言ったように中国との歴史が深い翡翠ですが、世界的に見ると最初に翡翠が使われたのは日本であることが記録されており、約5000年前の縄文前期末の人々が世界初となります。

実際に、世界最古とみられる翡翠の大珠が山梨県で出土しています。

翡翠買取などはジュエリーファンがオススメです!

カラーダイヤモンドの魅力

バイオレットダイヤモンドとは

バイオレットダイヤモンドとは、カラーダイヤモンドの一種で美しい青紫色が特徴的な大変希少なダイヤモンドです。
その他にカラーダイヤモンドの代表的な色としては、ブルー、ピンク、レッド、イエロー、グリーン、オレンジ、ブラックなどがあげられます。
ダイヤモンドと言うと、一般的には無色透明の物が価値があるとされていますが、ダイヤモンドの中でも自然に色のついた天然のものはファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれており、その希少価値から大変評価されています。
この際に、人工的に色を付けたトリートメントダイヤモンドは明確に区別され評価されています。
比較される機会も多いバイオレットダイヤモンドとパープルダイヤモンドですが、簡単にまとめますとバイオレットは青紫系のダイヤモンド、パープルダイヤモンドは赤紫系のダイヤモンドと考えられています。
また、バイオレットダイヤモンドには、グレーがかったものも多くみられます。

ダイヤモンドの相場は、カット、カラット、カラー、クラリティの4Cを元にある程度コントロールされ決められていますが、希少なカラーダイヤモンドだった場合は特にカラーが重視され、通常の数倍もの価格がつく場合あります。

グリーンダイヤモンドとは

ダイヤモンドと言えば無色透明な石と言うイメージが有りますが、採掘される物のほとんどは褐色や黄色の石です。

その中から透明な物を見つける為、貴重な石と言われている訳です。

更に少ない割合で発見されるのが、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれる色付きのダイヤです。

グリーンダイヤモンドも、それに含まれます。

自然界に存在するウラン鉱石などの影響で、緑色に変色した物をこう呼びます。
グリーンダイヤモンドの特徴は一般的に、明るい色調で彩度は低く黄色味の強い緑色をしていると言われます。

そして彩度が高いもの程、貴重とされます。

しかし近年では加工技術が発達し、人工的なグリーンダイヤモンドも数多く出回る様になりました。

それ故に天然のグリーンダイヤモンド程、希少価値が有ると言われています。

またグリーンダイヤモンドに近い色の、イエローダイヤモンドも存在します。

鑑定書の色調に「Greenish yellow」とある場合は、イエローダイヤモンドになるので注意が必要です。
彩度や色味などで相当に価格変動が見られるグリーンダイヤモンドですが、0.5ct.当たりの相場は30万円から200万円です。

加工されたダイヤモンドかどうかという事や、輝きの具合でも価格が変動します。

カラーダイヤモンドの買取についてはこちらのダイヤモンド買取専門店で詳しく説明されています。

ギャラリーレアの手ぶらで買取

多くの買取業者では、宅配買取、店頭買取、出張買取の3つの方法で買取を行うことができます。

買取業者大手のギャラリーレアではこれらの一般的な買取方法に加え、手ぶらで買取という新しいサービスを取り入れており、利用者から人気を集めています。

ギャラリーレアの手ぶらで買取という買取方法は、店頭に来店する前に買い取ってもらいたい品をギャラリーレアに送ります。

予約した後日の日時に改めてギャラリーレアに来店し、買取に関する説明を受けて買取を完了させるという方法になります。

これは店頭買取と宅配買取、どちらのメリットも組んだ方法であり、利用者からとても高い評価を受けています。

メリットとしては、買い取ってもらいたい品が多い場合や、コート等かさばるものをわざわざお店まで持っていくのが面倒といった場合に、先に宅配便で送っておくことができるので、当日は手ぶらで店頭に行くことができるということ、そして店頭で直接鑑定士と対面で話をすることができるのである程度の交渉ができ、安心して買取をしてもらうことができるということです。

その場で査定額を受け取ることもできるので嬉しいですね。

これを利用すれば予定を立てることもできますし、買い物や仕事のついでに寄ることができるので嬉しいです。

ギャラリーレアの評判・口コミはコチラ

すり傷有のブルガリ名刺入れの買取相場とは

ブルガリの名刺入れは、キレイな状態であれば高額で買取りしてもらうことも可能となっていますが、すり傷がついている状態ですと、少し買取り価格が下がってしまう可能性があります。

ブルガリ 名刺入れ

とはいえ、すり傷があっても高額で買取りしてくれるお店は存在していますので、ご安心ください。

キレイな状態の商品であっても、お店によって買取り価格は変わってきます。

相場価格も変動しやすいので、日ごろからチェックしておく必要があります。

すり傷がある場合はキレイな商品よりも多少は低くなってしまいますが、その中でも高額買取りをしているショップを手っ取り早く見つけるためには、一括査定サイトを使うのが一番です。

一括査定サイトは、いくつかのショップに一括で査定してもらうことができ、わざわざ自分でお店を回って査定依頼する必要もありません。

ブルガリの名刺入れは人気の高いアイテムですので、査定から実際の買取りまでスムーズに進められます。

一括査定サイトの中で一番高額なショップを見つけることができたら、あとは店頭への持ち込みや宅配など、お好きな方法で買い取ってもらうだけでOKです。

毎日忙しく、なかなかお店まで行けないという方は、宅配で買い取ってもらってください。
ブルガリの腕時計の特徴

ブルガリBVLGARIとは、1884年にイタリア・ローマの地で創業された高級宝飾品を専門とするブランドです。
やがて1977年後半からは腕時計製造にも着手し、現在において指輪と共にブルガリを代表する商品となっています。
ブルガリが最初に発表した腕時計シリーズ「ブルガリ・ブルガリ」より、その特徴はずっと受け継がれています。
BVLGARIの文字が2つ刻み込まれたベゼル、そしてイタリアならではの高級かつシンプルなデザイン。
そこにスイスの時計製造技術の最高品質さが融合され、瞬く間に世界中にその存在を知らしめました。
ブルガリでは、腕時計のケースは精密機械を収納保護するためのものだけではなく、ブランドを通して唯一・独特なデザインの面白みを伝える重要な役目を持っているものとの認識なのです。
現在まで、この特徴を持ちつつもさまざまな腕時計シリーズが展開されています。
高級感があるため、仕事にもデートにも一花添えてくれる存在な女性用腕時計は特に人気があります。
また、宝石のあしらいがそれほど多くなく文字盤がダークなものも多いため、ボリューム感がありながらもシャープな印象で主張的な男性用ブルガリ腕時計のデザインも、存在感抜群です。

誕生日プレゼントに

2人目の息子も無事、就職をして社会人として生活を始めました。

早いもので、2人の息子も手が離れ、私も自分の時間を持てるようになりました。

何をするほど趣味はないのですが、また外へ働きに出ようと考えています。
以前働いていたような、営業職はもう年齢的に無理ですが、おばちゃんでも働ける所はあると思います。
もちろん、近くのスーパーやコンビニもいいですよね。
なにより近くが一番いい。

働くことを考えていると主人に話すと、したいことをすればイイよと言ってくれました。

ただし、私の誕生日が終えるまでは待って欲しいと言われ、疑問に思いながらもそれに従うことに。

数日後には、ちょうど50歳を迎える私の誕生日でした。

珍しく外で食べようと主人に誘われ、和食レストランへ連れ出されました。
個室を予約してくれていたようで、中では息子2人が待っていました。
大きな紙袋を抱えて。
驚く私に笑顔で迎え入れた息子2人は、プレゼントだと私に紙袋を差し出します。

どうやら主人と3人で計画していたことだったらしく、プレゼントも3人でお金を出し合ったそうです。

紙袋を見たときからエルメスだと分かってましたが、まさか、プレゼントがあのエルメスのバーキンだとは夢にも思いませんでした!
初めて手にする本物のエルメスのバーキンに興奮してしまい、年甲斐もなく声を上げて喜んだことを覚えています。

もの凄く喜ぶ私に、3人はとても安心したそうです。

こんな素敵なものを貰えて、喜ばない人なんていませんよね?

そういえば友達はココとかココでバーキンとケリーバックを買取してもらったお金で新作をGETしたと言っていました。

そういう方法も有りかもしれませんね^_^

毛皮を扱うことで注意をすること

世界中で愛される毛皮ですが、以外と知られていないことも多々あります。

それは種類だったり、取り扱いや手入れの仕方だったりと様々ですが、ここでは毛皮を扱うことで注意しなければならないことをいくつかご紹介したいと思います。
基本ではありますが、案外見落としがちなことでもあるので、毛皮を持っている方、購入を考えている方など、参考にして頂ければと思います。

まずはホコリに注意しましょう。
毛皮は基本、ホコリがつきやすく、一度の着用でかなりの量が付着してしまいます。
このホコリを放置してしまうと、抜け毛の原因となってしまいます。
着用する度に、毛を痛めないよう軽くはたきながらホコリを落とすよう心掛けましょう。

次は、摩擦です。
実は毛皮は摩擦によって、毛の擦れや折れが生じてしまうため注意が必要なのです。
例えば、腕時計などによる袖口の擦れや、ショルダーバッグなどによる摩擦だけでなく、長時間の車の運転やバイクなどに乗ることも、全て擦れの原因となってしまいますので、乗り物の乗るときなども気をつけましょう。

最後に、臭いにも注意しましょう。
毛皮は臭いを吸収しやすいため、毛皮と着用した状態で香水などをつけるのはやめましょう。
そして、わかりきったことですが、火気厳禁です。
毛皮は熱に弱いため特に注意が必要です。
また、ハンガーにかけても取れないシワがあるのなら、ご自分でどうにかしようとせず、プロに任せることが無難で安心です。

また、ダイヤモンドの買取なども流行っていますが、コチラなどダイヤモンド専門の買取業者もいらっしゃいますので、良い所を探して見て下さいね。

ヴィトンのアクセサリー及びその他服や靴などの買取について

ヴィトンはモダンなデザインが特徴の有名ブランドです。

その個性的なデザインゆえのことでしょうが好きな方にとってはたまらない魅力があるようで、アクセサリーだけでも何種類もお持ちの方もいらっしゃいます。

しかし、個性的な商品というのは持ち主の年齢や立場の変化によって活用の場が限られてくる場合もあります。

使わなくなったヴィトンのアクセサリーや服をただ中古品として手ばなすのではなく、ヴィトン買取のお店に査定を依頼してみるのはどうでしょうか。

一般的なリサイクルショップではあまりいい買い取り価格にはならないかもしれませんが、ヴィトンに詳しいバイヤーがいる専門店では比較的買取価格が高くなる傾向にあるようです。

保証書や販売証明のない場合も、それがある場合に比べて価格は下がってしまいますが買い取ってくれる可能性があります。

ヴィトン商品の買取をしている業者の多くは店頭での買い取りはもちろんのことですが、遠方にお住まいの方の為に出張買取や自宅で売りたい物を梱包して郵送し、査定してもらうという宅配買取を行っていますので、そういった方法で買い取ってもらうのも良いでしょう。

どのような方法で査定を受けるにしても、業者によって専用の梱包キットを使用したり事前に査定の予約をいれる場合がありますので、いきなり売りたいものを送るのではなくあらかじめ各業者に電話やメールなどで問い合わせをしておくと査定がスムーズに進みます。
ヴィトン買取専門店|http://brand-star.info/lv/

時計買取の専門店ウォッチファン http://www.watch-fun.net/
フランク・ミュラー買取ページ
ロレックス買取ページ

エルメスの買取は、ネットショップでも可能です。

使わなくなったエルメスはそのまま放置しておくのはとてももったいないことです。

エルメスはシルバーなどの貴金属で作られているので、貴金属特有の資産価値があり、使わなくなったエルメスのアクセサリーは、買取業者に時価で買い取ってもらうことができます。

貴金属の相場は日々変動をしていますので、場合によっては購入した時よりも資産価値が高くなっている場合もあり、想像以上の高値で買い取ってもらえる事もあります。

また貴金属の相場が高騰している時には売却のチャンスで、かなりの高値で買い取ってもらえる場合もあります。

エルメス買取は実店舗でも買い取ってもらえる場合がありますが、初めて買取を依頼する時には緊張したり、店まで行くことが面倒だったり、近くに店がないような場合もあります。

そのような時には、エルメス買取をしてくれるネットショップを利用すると、家に居ながら不要になったエルメスのアクセサリーを買い取ってもらい、現金にすることができます。

ネットショップの買取のシステムはショップによって異なりますが、一般的には宅配便等で不要になったエルメスのアクセサリーを送り、ショップで査定をしてもらい、査定額に満足ができた場合には買取が成立し、お金が指定口座に振り込まれるというシステムが一般的です。

もし査定額に不満がある時には買取を断ることもでき、その場合も査定は無料ですので、安心してエルメスの買取を依頼することができます。

エルメス買取専門店http://brand-star.info/hermes/
シャネル買取専門店http://brand-star.info/chanel/